Solutions

SAP UI Modernization

SAP拡張のため3rd party側面での開発方法論の提示

* 伝統的なSAP開発方式より強化、検証されたUI・UXと便利なRFCモデル開発方式の提供
* 一般的なウェブ開発方式よりはSAP環境親和的な開発方式でSAP Best Practiceとしての役割

従来のUIモド年齢化SAPイジェンゴ
従来のUIモド年齢化SAP ERPディピンゴイジェンゴ
従来のUIモド年齢化ディピンゴロゴイジェンゴ

開発を進める前に。

先に保有中のSAP User licenseを確認する必要があります。
SAPは顧客が保有しているUser License類型及び権限によってはウェブ・モバイル環境ではERPシステムのデータに接続(インターフェース)を制限できます。
確認結果、ウェブ・モバイル使用者のERP接続に制限のないUser Licenseを保有していれば下記の内容と手順で進められます。

/ 01

環境構成:2つの構成方法のうち1つを選択

従来のUIモド年齢化SAP ERPディピンゴイジェンゴ

* NetWeaverを使う場合と別途のサーバーを設置・運用する場合の構成が異なります。

/ 02

開発環境の構成:SAP RFC、DB(SQL、Stored Procedure)!

従来のUIモド年齢化SAP ERPディピンゴイジェンゴ

* 現状のシステム開発環境を基に業務開発方法を確定し、difingo(+ NEXACRO PLATFORM)を設置及び構成します。

/ 03

効率的な業務ロジック開発:RFC、DB(SQL, stored procedure)、XI連動

従来のUIモド年齢化SAP ERPディピンゴイジェンゴ

* 現在の業務と開発ソースを分析し、各々の状況に適した開発方法とソリューションを確定し、difingoを通じて業務を開発します。

/ 04

difingoを活用したSAP開発の流れ

従来のUIモド年齢化SAP ERPディピンゴイジェンゴ

SAP RFCと自動インターフェースのための視覚的モデルリングとUIとの自動連結機能を提供します。

* difingoを活用した開発方法論を適用、従来のSAP ERPでの業務を新たなウェブ・モバイルシステムでの業務として開発します。

/ 05

使用者及び業務生産性顧慮:企業用UI・UX分野1位のソリューション適用による検証された最新 UI・UXの提供

従来のUIモド年齢化IBM-iディピンゴイジェンゴ

* UI・UX側面で従来業務の不便事項と問題点を把握、使用者基盤の業務生産性を極大化できるようにします。

適用事例

従来のUIモド年齢化ディピンゴ開発パックイジェンゴ

営業支援システム
SD & BW拡張

従来のUIモド年齢化ディピンゴ開発パックイジェンゴ

人事業務改善
SAP HR

従来のUIモド年齢化ディピンゴ開発パックイジェンゴ

セールスポータル構築
SD業務拡張

従来のUIモド年齢化ディピンゴ開発パックイジェンゴ

人事業務構築
SAP HR

従来のUIモド年齢化ディピンゴ開発パックイジェンゴ

営業ポータル構築
SD業務拡張

従来のUIモド年齢化ディピンゴ開発パックイジェンゴ

営業ウェブシステム
SAP HR業務拡張

従来のUIモド年齢化ディピンゴ開発パックイジェンゴ

SAP ERP構築
SAP & legacy統合ウェブ

従来のUIモド年齢化ディピンゴ開発パックイジェンゴ

会議あ営業ERP改善
輸出入業務SD拡張
モバイルプロジェクト全体

従来のUIモド年齢化ディピンゴ開発パックイジェンゴ

営業支援システム
SD & BW拡張

従来のUIモド年齢化ディピンゴ開発パックイジェンゴ

人事業務構築
SAP HR

従来のUIモド年齢化ディピンゴ開発パックイジェンゴ

設備ポータル及びSAP PM

従来のUIモド年齢化ディピンゴ開発パックイジェンゴ

全社業務ポータル
SAP & legacy統合ウェブ